「FC版 ドラゴンズレア」の面白いレビューまとめ

ドラゴンズレア ゲーム


ドラゴンズレアとは、ファミコンで発売された横スクロールアクションゲームである。

しかし、実際プレイしてみるとあまりの難易度の高さにコントローラーを投げつけてしまうほどクリアが難しく、いわゆるクソゲーに認定されている。

最初のステージのクリアでさえ初見では、何時間もかかってしまう人もいるほど、操作性や当たり判定がクソである。

当時ドラゴンズレアが発売された時はさほど、知名度や人気もなかったが、

「有吉とマツコの怒り新党」の3大〇〇で紹介されてからめきめきと頭角を現し、ここ数年ではカセット本体にプレミア価格がつくほどの人気っぷり。

このゲームをクリアしたものこそ、新のゲームマスターであると言っても過言ではないだろう。

尚価格は中古でも¥8,200もする。



面白い口コミ一覧

ミルレビアイコン シュールレアリズムの境地

本作は、1991年に発売された、知る人ぞ知る、伝説のくそゲー。
くそゲー要素満載のため、逆に神ゲーとなった。

まず、プレイヤーの度肝を抜くのは、最初のステージの最初の画面から、
進むことが出来ない、ということ。

ここでは、橋を渡る途中に出現するドラゴンを倒す必要がある。
しかし、橋が渡れない、ドラゴンを倒せない。

主人公キャラは、非常にクセのある動きをするため、操作性が劣悪。
橋をわたる途中に、橋から落ちてジ・エンド。

橋の途中で出現するドラゴンに対しても、
主人公キャラのクセのある動きと、不規則でやりにくい攻撃方法のおかげで、
有効にダメージを与えられない。
そのうち、ドラゴンの火の玉によってジ・エンド。

ドラゴンを倒さずに進もうとすると、なんと、扉にあたってジ・エンド。

シュール過ぎる!
まさにシュールレアリズムの境地とも言える。

ミルレビアイコン ようやく迷作として評価されてきたゲーム

ファミコンのナンバーワンク○ゲーとして知られているスペランカー
しかしリアルタイムでこのゲームを購入しプレイしていた自分はスペランカーは甘すぎました
その名はドラゴンズレアーFC版
回りの友達は誰一人知らない、そしてスペランカーを崇める

何十年と時が経ち、あるテレビで紹介されたあたりからぐいぐいと認知度が上がり
いまやスペランカーを超える勢いにまで到達
完品100円で売られていたソフトも急激なプレミアムへ

このゲーム移植されるハードごとにゲーム内容がまったく異なります
オリジナルは一時期DVDで遊べるゲームとして流行ったDVDPGのようなアニメ+チャプターの分岐で遊ぶタイミングゲーム
ゲームボーイ版は謎のジャンプアクション
スーパーファミコン版は純粋なスクロールアクション
原作の展開完全無視のゲームに

しかしファミコン版は無謀にもオリジナルを再現しようとしています、
ファミコンとは思えないビックなキャラ、滑らかなアニメ
ゲームの肝である一瞬のタイミングミスで死ぬ部分を何よりも大切に

初見の人は1画面もスクロールすることなくゲームオーバーになることでしょう
一画面横、ゲームの舞台となるお城に入ることさえ許してくれない難易度

ゲームとしてははっきり言ってク○ゲーです
ですがお友達が集まったとき、一機交代回しプレイをすると非常に盛り上がります
誰一人スムーズにゲームはクリアできない、絶対数歩で死ぬ
それがゲームの上手い下手の壁を無くし、純粋に笑い合えるのです。

ミルレビアイコン 人生の恩人

ドラゴンズレアに私は育てられ、このゲームから人生そう甘くはない、努力の積み重ねであることを学びました。
仕事で辛い事があれば、かならずドラゴンズレアを起動し一礼します。

そして、嫌な事を忘れて満足するまでプレイするのです。

すると今日仕事起きたミスや辛いことはなんてちっぽけだったんだろう…。となります。

ドラゴンズレアが無ければ私は生きていたのかもわかりません。

子供ができたら必ずやらせようと思います。

ミルレビアイコン ノッポの大冒険

城門で心が砕かれます。城にすら簡単に入れません。操作性も悪く、どうしようもない。

ミルレビアイコン バランスがひどすぎる

キャラがでかく攻撃を避けるのが難しく、とにかく即死だらけで最初のステージから激ムズなバランスなのはひどすぎると感じた。
また、死にゲーのくせにコンティニューもないのはひどすぎると思った。