【はあちゅう自伝本】「自分を仕事にする生き方」の面白いレビューまとめ

はあちゅう自伝本 本・小説


著書「自分を仕事にする生き方」とは、人気ブロガー「はあちゅう」の自伝本である。

人気ブロガーとして

自分の生活をさらけ出すことで稼ぎを得る生活スタイルの彼女が

どのようにして仕事へ取組んでいるのか?や

彼女自身の価値観などが分かる内容となっている。

が、しかし一見為になる内容かと思いきや薄っぺらい内容と

あまりにも共感や尊敬すらできない偏見の塊であることからレビューは大荒れとなっている。

価格は¥1,500前後ネタとしてなら手の届く範囲の値段設定だ。

はあちゅう

またはあちゅうといえば、最近AV男優「しみけん」と事実婚した事でも話題になった人物だ。



面白い口コミ一覧

名無し
自己満足されている本
なにか勘違いされております。
「自分」を仕事にする生き方というタイトルから分かる通り、自分語りでした。
また、はあちゅうさんの学歴や生まれた環境をみると、恵まれている環境からスタートになりますので、参考になりませんでした。
本当に、自分視点でしか話せない人なんだなと思いました。
可能であれば、周りの視点を見て、本を書いてほしかったです。
名無し
お金貰っても読みたくない本
本っ当に買って損しました。
こんな中身のない本は生まれて初めて読みました。
買うのは勿論ですが立ち読みもしない方社会の為になります。
まろえもん
薄っぺらい生き方
ネット上に溢れている 当たり障りのない文章それをツギハギして体裁を整えた感じ中身がなくてもタイトルだけはいっちょまえそれが感想です
名前
どんどんつまらなくなる…
必死すぎる雰囲気が苦手。謙虚さもなくお手本の生き方にはならないかと…
名無し
読むに値しない。
売れ残りアラサー女というイジリには激怒するが、自身の悪質で度重なる童貞イジリは表現の自由だと開き直る。
自己中の塊のような人間。何がいけなかったのかも理解できていない。
炎上を収める為に仕方なく一応謝ってみた?けどやっぱやめた?
言論人として終わってる。
こんな人間の本は読むに値しない。
あらら
不都合なレビューは消されます
自分への批判や酷評は受け入れない、それがはあちゅうです。
自分が人を見下したり、男性へのセクハラをするのはよくて、人からされるのは許せない、それがはあちゅうです。
なんて我儘な人なんだ…ww
名無し
この内容で、この価格は高過ぎる
正直、オススメできません。
別の自己啓発本から引用したものを、自分の言葉に置き換えただけに思えます。
しかもイイお値段。
世の中にはもっと良書があるので、この本はスルーして下さい。
名無し
とても残念です
レビューを書いた所、消されてしまわれました。
それほどの器の方が書いた本です。
得られるものがあるのでしょうか。
私には何も得られなかったです。
ロンちゃん
心地いい言葉だけで中身は…うーん。
読了。うーん、この本はいわゆるマルチの勧誘の人がやたら言ってくる言葉の羅列に感じます。
熱心にファミレスで勧誘してくるマルチの人の考え方とか話を思い出しました。マルチにも一定の数の支持者がいるので、この本にも一定の数の支持者がいるんだろうけど、私には合いませんでした。
はあちゅうさんを好きな方は、そのうちかつてのカツマーみたいな感じになりそう。
ほーりー
クソ
差別発言するような人間の本を読んでみた
中身がないクソみたいな内容だった
今からこれ使って焼き芋しますわ
名無し
なんだこの表紙は
サスペンス小説か何かか?フォントとかデザインが不気味すぎる。ホラーかよ

感想とまとめ

ミルレビ君
本というのは、未来に知識や娯楽として残すべきもの。はあちゅうさんは本を出してはいけない人だね