マーシーの薬物リハビリ日記の面白いレビューまとめ

マーシーの薬物リハビリ日記 本・小説


マーシーの薬物リハビリ日記とは、その名の通り。

欲に従順な田代まさしの体験談を元に薬物をなぜ初めてしまったのかや、危険性などを漫画で分かりやすく解説した手記である。

盗撮→薬物使用→盗撮→薬物使用と、悪行を繰り返しもはや伝説となっている彼の人生とはいかに…。

価格は¥1,296とお手頃価格だ。



面白い口コミ一覧

ミルレビアイコン 言い訳が多い

「あの時のことはよく覚えていない」「覗きは冤罪だ」など全編を通して言い訳が多かった。薬物依存性の恐ろしさも伝わってこないし、これではただの薄っぺらい漫画。この調子だと多分また薬物に手を出して逮捕されるでしょう。

ミルレビアイコン ダメよ〜ダメダメ!!

なぁ〜に〜!またやっちまったなぁ(笑)

つぎは『マーシーの盗撮日記』でも出すつもりですか!?

ミルレビアイコン 芸がないと大変ですね

自分の欲求を抑制できなくて、3回も逮捕された能なし芸能人が、自分の薬物体験記を書いて販売するなんて、本当下賤な奴だと感じた。金儲けネタになるとしか考えてなさそう。真から反省はしてないだろうね。

ミルレビアイコン またやるぞこの本で

これはひどいです売れば売れるほど薬物が買える状態に近づきます

本人の事を思うなら買わないのが親切です

ミルレビアイコン のぞき

またやってくれました。のぞき。このひとはなんなんでしょう?病気?でも、病気で済ませて良いのか。

ミルレビアイコン 更生の前に・・・。

はい、田代さん。元気? 更生を口にする前に去勢しちゃいましょうよ。
あちらの方が元気過ぎるみたいなので、そちらを大人しくさせて
更生というあなたに一番似合わない言葉を使いましょうね。

良いレビューも紹介

ミルレビアイコン 誤解してました

田代さんが繰り返し逮捕された時、またか、という気持ちでした。

「まったく何やってるんだろう? どうしようもないなぁ」
なんて思ってましたが、そんな単純じゃありませんでした。

逮捕を繰り返しているのですから、批判されるのは当然です。
しかし、批判だけでなく、実際以上に面白おかしく扱われることは分かっているはず。
そのなかで、この本を含めた現在の活動は、なかなか出来ることではないと思うのです。

今までならヤケになって薬物に手を出していたのに、しっかり自分と向き合っているのが伝わってきました。

きっと夢を実現できます‼
田代さん、応援してます‼

ミルレビアイコン 小学生にも読めます

さすがコメディアン!薬物で3度の逮捕、2度の服役、仕事を失ったうえ1億近い借金を背負い、家族とも離れることに…という半生と更生の日々を、暗くなりすぎずコミカルに描く。更生は、自分が薬物依存症という病気だと認める事から始まる。薬物は 意思ではやめられない、たとえ数十年やっていないとしても、脳が薬物の刺激を知っている人はまた手を出してしまうーまた 経験しているだけにリアリティーも高。小学生のわが子たちでも読めそう。薬物は、一度手を出してしまったら人間の意志では抜け出せないということがよくわかるので、ぜひ読ませます。 著者自身出所後は、薬物依存症患者たち自身が運営するダルクで生活し、プログラムをこなしながら生活。仲間と毎日、今日1日だけは薬物に手を出さないと毎日誓いながら生活する というプログラムは、経験 現実に即しているんだろうなと思う。  惜しむべきは3月にこの本出版の後、7月にまた逮捕されちゃったこと(>_<) 今度は薬物じゃなくて盗撮だったのはよかったってこと?んなわけあるかーーー!(>_<)マーシー、頑張って!