ネオヒルズ・ジャパン 与沢翼責任編集長の面白いレビュー

与沢翼雑誌 本・小説


ネオヒルズ・ジャパン 与沢翼責任編集長とは、

秒速一億円を稼ぐ男として、若くしてビジネスで成功を収め、絵に描いたような成金生活を数々のメディアに出演し披露した人物。

「与沢翼」がノリにノっていた時期に出版した雑誌である。

明らかに良いものを食べまくって絶対痛風なるやろ…ってぐらいの太り方が彼の憎たらしさを引き立たせ、誰もが彼に注目した。

しかし実際の所、彼の主な稼ぎどころは寝も葉もない情報商材であった事から、悪い噂が絶えず、資金がショート。

さらには税金未払いと自己破産などし、現在ではドバイで投資家として息をひそめているという。

価格は¥2,743と雑誌にしては結構良い値段である。

ちなみにそんな嫌われ者の彼なので本商品のレビューはもちろん荒れている。



ネオヒルズ・ジャパン 与沢翼責任編集長の面白い口コミ一覧

ミルレビアイコン 期待を裏切らない!!即購入を!!!

これを見ちゃった人、中古で買っちゃいましょう。
どうせ、ばかにするつもりで暇つぶしで見てるんでしょ?
その期待は裏切りません。
今なら送料込でも漫画買うより安いですし、笑えます。

表紙だけにとどまらず子豚さんがポーズ決めまくっちゃってる写真多数。
渡辺直美のビヨンセ芸と同じで笑えます。
表紙だけでも笑え、ギャグとして面白く、
こんな人にはなっちゃいけないなという反面教師の本として読め、
よく読むとあんがいタメになりそうなことも書いてある。
無駄にポジティブなエネルギーが溢れてて、松岡修三本が好きな人が読んでもいいでしょう。
ナベしきにつかってつぶれた顔を見るのも楽しい。

こんな楽しい本が送料込みで500円以下で買えるのです。
中古ですのでむかつく著者に金が回ることもありません。
即購入をお勧めします。

ミルレビアイコン あえて言うなら

全ページ筧美和子のグラビアだけで良かったのでは?
与沢さん達は巻末袋とじ4p凝縮バージョンとかで充分。開けないけどね。

ミルレビアイコン これはこれは

目をひく表紙。

ちょっと恥ずかしかったが本屋で手に取ってみた
中身を見たらもっと恥ずかしい。

何を伝えたい本なのかが分からない。

服?家?持ち物等々。

だが何よりもモデルが・・・・。

これでは、どんなに高いものを身に着けていても
その品物が浮いて見える。

非常に残念な1冊に仕上がっている。

ミルレビアイコン 爆笑に次ぐ爆笑

ナルシシズム全開の巻頭グラビアに始まって、ヤラセ感たっぷりの写真で紹介される彼らのセレブな生活ぶり、まったく役に立たないビジネス指南など、一冊でここまで笑わせてくれた雑誌は久しぶりです。すごく金をかけて、ここまでまったく内容のない雑誌が作れるのはひとつの才能でしょう。

与沢氏が恋人の山田るり子さんと夕食を楽しむ写真に添えられたキャプションは、「極上の料理を最高のパートナーと味わう。一流は衣食住すべてが一流でなければならず、それが当たり前でなければならない。」ですって。「提灯記事」という言葉のの文例にしたいぐらいです。
読者プレゼントの1等賞は「与沢翼とロールスロイスでドライブ(2時間)」にまた爆笑。あと2等は眼鏡、3等は手帳(各1名)て。

雑誌の作りの割には値段も安いし、これは「買い」でしょう。持ってれば絶対味が出ます。不祥事が起きて回収とかされる前に、ぜひ。
★5つにしようかとも思ったのですが、読者プレゼントのあまりのショボさにひとつ減点。

ミルレビアイコン 下品

下品以外どう表現していいのか?
憧れる人の程度が知れますね….

ミルレビアイコン 恥ずかし本の決定版

コレ読んで触発されたり影響受けた貴兄は
己のセンスの無さを恥じてください。
貴方は成功するの無理ですから。

ミルレビアイコン 気持ち悪い

本屋にて与沢翼という胡散臭い男が得意げに微笑んでる表紙が気になり、恥ずかしながらもパラパラとめくる。
ドン引きしつつも何故か惹かれ(たぶんネタ的に惹かれた)購入を考えるも、羞恥心からレジに持って行くのを諦める。

家路につく途中、スマホでAmazonを見てみれば案の定、一部を除いて低評価の嵐。
益々この本が魅力的に見えてしまい、購入を決めたいところだが、自分の財布から与沢氏へ印税払われるのは正直憎たらしい。
そこで目に飛び込んできたのは、マーケットプレイスの中古品(美品)¥50〜。これなら印税は関係ないと安心し購入。

内容は皆様の素晴らしいレビュー通り、肉のような粗大ごみのようなグラビア的な何かから始まり、其れの一日や他の胡散臭い奴の何たらかんたらがズラズラ〜っと書かれている。
見て読んでいると、こちらが恥ずかしくなってくるのが堪らない。それに不快感というエッセンスが加わり、発汗と震えがくるのが新鮮だ。

一通り読み終わり、此れに費やした時間を近所のドブ掃除に充てればどんなに有意義だっただろうという罪悪感に襲われた後、2度とページを開くことは無かった。

しかし、テキトーにマガジンラックに置いておいたのはマズかった。
何処よりも安心できる我が家で、やたら表紙の与沢翼と目が合い、不快感を感じるのだ。
食事の時、テレビを観ている時、コーヒーを嗜んでいる時、家族団らんの時、行ってきます!の前、おやすみの前……とにかく、汚い面が私に微笑んでくるのである。

問題は処分方法だ。
鍋敷き:料理が腐る
蝿叩き:蝿がかわいそう
ゴミ出し:近所から嘲笑の的になる
焼却:変な物質が出そう
うちわ代わり:同上

上記の理由から、此の本がいまだに我が家に鎮座している。
処分方法に困り、購入を非常に後悔している。
100円あげるから、引き取ってほしいくらいだ。安いか……。

ミルレビアイコン 妻に見せたら秒速でゴミ箱行き・・・

妻が見たがっていたので
渡してみると、パラパラ見てたら、形相がすぐさま変りました。

そしてそのままダイレクトにゴミ箱へ・・・。

なんとも、いえませんでした・・・。

ミルレビアイコン エロ本より買うの恥ずかしい(//∇//)

ゲイやスカ〇ロ系の本買うより勇気が要るってどんだけ(@_@;)

豚のグラビア、これって狙ってるの?だとしたらギャグセンスはまあまあ

本気でやってるとしたら、頼むから死んでくださいm(_ _)m

「結 論」
立ち読みでも品位を疑われるので、全国の情弱養分さんたちは
AMAZONで買いましょう(笑)

ミルレビアイコン 五つ星つけているレビュワーはこれしかレビューしてない

なんで星5つがこんなにあるのかと思ってレビュワー見てみたら、この方々ここしかレビューしてないですね。
食べログ等では良く見るステマ手法ですが、Amazonでもそういうことやってたんですね〜
さすが与沢さんすげーっす!

内容は、まあそうですね、えーとアフィとかインターネットで稼いだらこんな生活が出来るんだぜって自宅公開したり。
で、合ってますか?
ちょっと立ち読みしている姿が見られるのも恥ずかしくて、パラパラめくってみただけなので。

売れるためにはセコい手も使う、という姿勢だけはちょっと面白いと思います。

ミルレビアイコン 他人を不幸にしてお金稼ぎ

非常識な方法でお金稼ぎをしている与沢氏ですが、これはひどいですね。
いくらお金を稼いでも、品性は手に入らなかったようです。
読んでも不快になるばかりで、下劣さを感じさせる内容です。

ミルレビアイコン 笑えた❗️

今年1番の笑えた雑誌!

誰が彼に憧れるのだろうか?

お金があっても、品性とスタイルは買えないんだね、残念❗️
まあ、それを理解できただけ良かったかな。

久々のクズ雑誌で、今年一年を締めくくるにはふさわしい笑える内容でした。
ある意味、彼は「スーパースター」だね。

「ヨッ!裸の大将!」

総評: こういう雑誌が出版できるって素晴らしい国だね。「言論の自由、万歳!!」
「断言します、この雑誌は笑えます‼︎」